交通事故の治療費や慰謝料

交通事故などにあうと怪我をしてしまうことがありますが、その時は気にならなくても後から痛みが出てくる場合があります。

例えば車同士で追突された、また追突したというような場合など軽い追突だからといってその時は気にならなくても後から痛みが出てくることがあります。

そのまま放置しておくと全身に症状が広がることもあり慢性化してしまうこともあります。

これはむちうちといった症状で、骨折や裂傷といった怪我とは違い、その時は気にならなくても後から痛みが出る症状なので、交通事故に合った場合は必ず病院へ行くことです。

これら交通事故にかかわる怪我は早期に正しく治療を行うことが大切です。
この治療にかかる治療費や慰謝料などについては、基本的に自動車の交通事故の場合は自賠責保険が適用され、そして任意保険、健康保険の適用となります。


加害者側と被害者側によってその支払いや請求方法は変わりますが、なにもなく支払われることはありません。



きちんと医師の診断がなければ費用の請求や支払いは行われません。またむちうちなどの症状でもよくあるのが骨格のゆがみなどで痛みが続いて治療が長引いてしまうことがあります。

やはりこのような場合は慰謝料の請求も考えなければなりません。

交通事故の慰謝料のお役立ち情報を公開しています。

専門医などと相談して慰謝料を計算することになります。

Twitterの分かりやすい情報はこちらです。

このように交通事故によって比較的早く改善するものや時間のかかるものもあります。
早期治療と早期改善を行うことと治療費や慰謝料も専門医などと相談することが大切です。