• タブレットでbluetoothキーボードを使おう

    • タブレット端末の業務利用が進んでいますが、ビジネス現場では入力などといったオペレーション端末というよりも、カタログやプレゼン資料のデータを持ち運びしやすい形にするためといった、データの閲覧のためという利用というのが多くなっています。


      キーボード入力などのオペレーションがしにくいというのが欠点として挙げられます。

      bluetoothのタブレット情報のご紹介です。

      なぜ、タブレット端末では入力がしにくいのかというと、ソフトウェアキーボードであるという点です。

      有名なgoo ニュースの詳細についてはこちらです。

      ソフトウェアキーボードは、キーの大きさが画面の大きさに依存するため、小さくて打ちにくい面があります。
      また、入力時に入力の感覚がないため、素早いキー入力がしにくいというのもあります。このように、ソフトウェアキーボードはオペレーションには向かない点があります。
      そこで、タブレット端末にbluetoothキーボードを接続して利用する方法があります。

      bluetoothキーボードであればソフトウェアキーボードとちがって、、通常のパソコンで利用しているものと同様の感覚で操作できるため、ソフトウェアキーボードの使いにくさから解放されます。また、bluetoothキーボードは、持ち運びのしやすいものが多く、利用しないときは折りたたんでおくことができるものなどが販売されております。


      タブレット端末との接続は非常に簡単にできるため、オペレーション業務を行う際に取り出して利用することが可能です。



      タブレット端末の利用しやすさを劇的に向上できるbluetoothキーボードは、今後注目の一品となることが予想されます。

  • IT関係の真実

    • タブレットでbluetoothを使おう

      インターネット環境が発達してから、タブレット端末の普及が広まっています。この端末はスマートフォンと同じように、液晶をタッチで操作することができます。...

  • 知っておきたい情報

    • タブレットに搭載されているbluetooth機能

      タブレットは、デスクトップパソコンなどとは違って、持ち運んで使う事が前提になっていますので、様々な無線機能が搭載されています。現在市場に出回っている製品には、必ずWi-Fiやbluetoothが搭載されており、この機能を使う事によって、固定回線に接続されている無線ルーターやモバイルルーターに無線で接続してインターネットを使ったり、無線でキーボードやマウスなどの周辺機器に接続出来るようになります。...

  • ITの情報まとめ・最新情報

    • タブレットのbluetoothの活用

      タブレットには、bluetoothが搭載されており、さまざまな活用方法があります。bluetoothは、無線通信規格のひとつで、Wi-Fiと比較して、伝送速度は遅く、伝送距離も短いものの、消費電力が低いため、バッテリー駆動するデバイスで運用するのに向いているのと同時に、ペアリングにより、簡単に接続や解除ができるのも、大きな特長です。...

    • タブレット人口とbluetoothイヤホンの需要増

      今日、様々なウェアラブルデバイスが発達していますが、そのなかでも発達が著しいジャンルの一つがbluetoothイヤホン・ヘッドホンです。特に、iphone7が既存のイヤホンジャックを廃止したことが、その開発に拍車を掛けたようです。...