遠赤外線ヒーターの工夫した使い方

遠赤外線ヒーターのデメリットは、長時間利用し続けた場合にはその電気代が嵩んでしまう点があります。

そのため短時間で利用する方法が優れ、ワンポイントで活用していく方法が好まれます。もっともスイッチを入れて、直ぐに暖まることができる点があり、直ぐに暖をとりたい場合には優れているのが遠赤外線ヒーターです。寒い冬の時期になると、血圧の関係上、風呂場やトイレなどの場所で高齢者が倒れてしまう事故が起きる可能性があります。

例えば熱いお風呂からいきなり寒い場所に出ると、血圧が急激に変化することでめまいを引き起こし、そのまま倒れてしまうことが起きます。最悪な場合、対応する人がいないとそのまま死に至るケースもありますので注意をする必要があります。そのため遠赤外ヒーターをそういった場所に備えて置き、その場所に行ったのと同時に稼働する仕組みにすれば、暖をとることができるので血圧変化が少なくなり、めまいを引き起こすことも少なくなります。

もっとも遠赤外線ヒーターは、石油ストーブや石油ファンヒーターよりもコンパクトのため、狭い場所に設置するのに優れています。最近はより進化した遠赤外線ヒーターも登場し、人感センサーを内蔵しているタイプも登場しています。人の気配があればすぐに稼働をする仕組みになっており、それによってスイッチを押下することなく、自動的に暖をとることが可能です。最新の住宅設備などでもそれを搭載している場合も多く、特に高齢者が安心・安全に暮らす上でも重要な設備にもなっております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *