遠赤外線ヒーターのメリットとデメリットとはなにか

遠赤外線ヒーターのメリットは何かというと色々あります。

まず体の芯まで温まる事が出来るという点です。使用する事で、体の表面が温まって、さらにその温度が芯まで伝わる事でしっかりと体を温める事が出来るというのは大きなメリットです。またすぐに暖かくなるというのもメリットとして挙げられます。電気ストーブだと、電源をつけてから温かくなるまで多少の時間がかかります。しかし遠赤外線ヒーターは、スイッチを入れた瞬間からすぐに暖かくなるので、特に寒い冬には大助かりです。他にも部屋を換気する必要がないというのも助かります。

ストーブ等酸素を使うものは、空気を換気する必要がありますが、遠赤外線ヒーターはその必要がないので、寒い冬に部屋のドアを開けたり窓を開けて換気する必要がないというのもメリットです。それから使用時に音が静かというのも魅力です。エアコンやストーブを使用すると、モーター音などがしますが、遠赤外線ヒーターはファンやモーターがついていないので、非常に静かに使用する事が出来ます。あと部屋が乾燥をしないというのもメリットとして挙げられます。エアコンを使用する場合、部屋の空気を暖める為、乾燥しやすいですが、遠赤外線ヒーターは遠赤外線なので乾燥の心配はありません。

一方デメリットもいくつかあります。まずつけても部屋全体は暖かくならないという点です。その為部屋に複数人いる場合は、ヒーターの近くにいる人しか暖かくならないので、あまり向いていません。また低温ヤケドをする危険性があるというのもデメリットです。近くであたりすぎていると、熱が放射する事なく中央に集まりすぎて、低温ヤケドをしてしまう恐れがあるので注意が必要です。他にも電気代がエアコンと比べると高いというのもデメリットとして挙げられます。その為、経済的に安く済ませたいのであればエアコンを使用した方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *