カーボンヒーター(遠赤外線ヒーター)の特徴

カーボンヒーターとは、遠赤外線ヒーターの一種で、熱源となる炭素繊維(カーボン)に電気を通すことで遠赤外線が照射される暖房器具です。

暖房能力とコストパフォーマンスのバランスが良いため、遠赤外線ヒーターの中でも最も人気を集めているタイプで、数多くの製品が販売されています。カーボンヒーターの特徴としては、速暖性に優れており、電気代も安いことが挙げられます。遠赤外線の照射量は、同じ遠赤外線ヒーターであるハロゲンヒーターの約2倍なので、より素早く暖めることが可能です。

そのため、運転時間が短くなることで電気代の節約につながりますし、本体価格も比較的安価です。このような特徴があることから、カーボンヒーターはハロゲンヒーターの上位機種に位置付けられています。また、近年はカーボンの中でも、グラファイト(黒鉛)を熱源としたグラファイトヒーターという種類も普及しつつあります。カーボンヒーターよりも遠赤外線の照射量が多く、立ち上がりも早いのが特徴ですが、本体価格は高めです。なお、カーボンヒーターを購入する際は、使用場面に合ったタイプを選ぶことが重要です。

脱衣所やトイレ、キッチンなど設置場所が限られる場合で使用するのであれば、暖房能力が低くてもスリムなサイズを選ぶと良いでしょう。一方で、リビングなどの広い場所で使用する場合は、暖房能力が高く、首振り機能が搭載されていることも多い通常サイズのものが適しています。特に、複数人が同時に集まる場所で使用するのであれば、首振り機能は必須の機能と言ってよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *