遠赤外線ヒーターとは

遠赤外線ヒーターとは、灯油などを一切使用せずに電気だけで発熱することができる暖房器具のことでハロゲンヒーターなどが該当します。

持ち運びが容易な小型サイズで、発熱部がオレンジ色や赤色になるので一目で該当品だとわかるでしょう。遠赤外線ヒーターには特徴があり効果的に使用するには工夫が必要です。遠赤外線と聞くとすごく暖まりそうな印象ですが、遠赤外線ヒーターで暖めることができるのは熱が照射されている部分だけなので空間全体を暖めるようなパワーは持っていません。そのかわりに電気を使用しているので本体が熱を帯びるのは非常に早いです。

ですので遠赤外線ヒーターを使用する場合は灯油を使ったヒーターやストーブ、もしくはエアコンなど他の暖房器具の補助として使うと良いです。具体的には足元や背中側に設置するなど部分的に暖めるように設置すると良いでしょう。消費電力は思いのほか大きく、スペックを見てみると400Wから1200Wくらいまでの電気を消費する製品が多いかと思います。灯油ヒーターやエアコンよりも消費電力が大きいので、つけっぱなしにしておくと月々の電気料金が高くついてしまいますし日常的に停電してしまう可能性もあります。

またヒーター部が剥き出しのため、火事や火傷の危険性もありますから、まめに埃掃除などを行いましょう。お子様がいるご家庭では用心のためにも、お子様がヒーター付近で遊ばないように注意も必要です。遠赤外線ヒーターの特徴を理解して正しく安全に使用しましょう。火事や火傷に注意し、あくまで部分的に使いたいときだけ短時間使うのが使用のコツです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *