遠赤外線ヒーターとはどう言ったものだろうか

冬場にはヒーターを利用することも多々ありますが、ヒーターにはいろいろな種類があります。

その中でも暖まるスピードがかなり速いという点でも注目されているのが遠赤外線ヒーターです。スイッチを入れると赤くなるのが大きな特徴です。一般的には電気ストーブと呼ばれることも多い製品となっています。遠赤外線ヒーターの大きな特徴は、部屋を丸ごと暖めるために利用するものではないということです。広範囲で空気を暖かくするタイプではなく、ヒーターに当たっている人を暖める仕組みのものとなっているからです。

とはいえ、スイッチを入れるとすぐに高温になるし、何より本体価格自体も他のヒーターと比べると高くありません。また、遠赤外線ヒーターは何が発熱体になっているかでも種類が違っていますそのため、利用している素材によって熱効率性や遠赤外線の放出量が変わってきます。また、本体前面がかなり熱くなっているだけでなく、赤色に変色しているところもかなり熱くなってしまいます。

その部分を誤って触ってしまうと火傷してしまうので、小さなお子さんがいるご家庭では火傷に注意しての利用が必要不可欠です。遠征外線ヒーターは、利用している素材によって値段がかなり変わってきます。従来はニクロム線が利用されていましたが、現在ではハロゲンランプや炭素化合物を使ったものも市場に出回っています。使っている素材によってもそのヒーター自身の構造が違っており、単純な構造のものほど値段は安く設定される傾向です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *