京都にお住まいの方で、お台所の排水口つまりで悩むようになったら、できるだけ迅速なメンテナンスが求められます。先延ばしすることで、何かと日常生活が不便になる上、正常な水道設備や建材にもダメージを拡大しかねません。またマンションといった集合住宅や、京都の伝統的な住宅地域では、ご近所からの苦情も考える必要があります。排水口つまりによる水漏れの他、異音や異臭によっても、ご近所に迷惑を与えるからです。

お台所で排水口つまりを目にしたら、まず症状をしっかり見極めることが必要です。徐々に詰まっていくパータンであれば、調理の過程で生じる食用油や食材カスなどが、主な原因として考えられます。これは排水口のゴミ受けや排水パイプの内側に食用油や食材カス等が付着し、冷えて固まったものが蓄積していくことで発生します。このパターンでは、軽度の詰まりであればパイプクリーナーの使用や、60度程度のお湯を流し込むなどすることで、詰まりを解消できることがあります。

詰まりが突然起こるパターンでは、つまようじやスプーンあるいは洗剤のキャップ等、固形物が排水トラップや排水パイプに挟まることで生じる傾向があります。このパターンの場合、水やラバーカップ等で無理に押し流そうとするのはやめましょう。さらに排水管の奥で引っかかることになり、大きな除去工事が必要になることもあるからです。詰まりが突然発生したら、まず排水トラップを分解してみるなどして、固形物が取り出せないか試してみてください。

もしどうしても排水口つまりが解消しないのなら、京都で信頼できるプロの修理会社へ相談を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です